• ホーム
  • ザイザルのジェネリックを通販で手に入れよう

ザイザルのジェネリックを通販で手に入れよう

2020年01月27日
ベッドで鼻をかんでいる女性

ザイザルはすでに鼻水や目のかゆみなどの症状が出ている場合に服用すると、効果がある薬です。
そのため花粉症の治療として使用されることが多いのですが、主成分である、レボセチリジン塩酸塩が含まれた市販薬はまだなく、ザイザルの作用をそのまま得たい場合は医療機関にて処方してもらわなくてはなりません。

春の花粉症は風邪やインフルエンザが流行する時期と重なっており、医療機関はどこも混み合っていることが多いです。
そして病院に行くことによって風邪などの病気をもらってきてしまう可能性もあり、できるだけ避けたい場所でもあります。
そのためザイザルではない薬を服用しようとしますが、なかなか効果が現れず、症状が一向に治まらないケースも多いです。
このような場合は通販を利用して購入しても良いでしょう。

通販の場合個人輸入という形をとることが多いです。
もちろんザイザル自体を個人輸入することもできますが、価格的に処方薬とさほど変わらないことが多く、まとめ買いをしないと価格に対してのメリットを得ることができません。
ですので、ザイザルのジェネリック医薬品であるクレブロスを購入するとさらに安価で購入することができます。

クレブロスはザイザルと同じレボセチリジン塩酸塩が含まれており、アレルギーの症状を引き起こしてしまうヒスタミンが受容体と結合するのを阻害することができるため、様々な症状を緩和することができます。
ザイザルのジェネリック医薬品であるので使用方法も効果の出方も同じで、大人であれば、1日1回1錠をレボセチリジン塩酸塩として5mg就寝前に服用します。
子供も7歳以上であれば服用することができ、7歳以上15歳未満では1回2.5mgを1日2回、朝食後と就寝前に服用するようになっています。

ザイザルのジェネリック医薬品であるクレブロスは、効き目が早く現れるのが特徴で、突然起こるようなアレルギーにも症状を素早く鎮めることができます。
花粉症だけでなく、近年ペットを飼うことで増えてきている動物アレルギーに関しても効果があり、幅広い使い方ができるのも魅力となっています。
特にくしゃみと鼻水を抑えることができるので、そういった症状がある場合はクレブロスを服用するとよいでしょう。

クレブロスは個人輸入の代行を専門に行っている通販サイトで購入することができます。
通販サイトでは、まとめ買いをすればするほど安価で手に入るメリットがあり、しかも自分の時間に合わせて注文することができるので、受診をしなくてはならないというストレスを感じずに済みます。

ただ、個人輸入代行通販サイトを利用する場合、信頼できる所で購入することがとても重要になります。
薬剤というのは自分で成分を判断することが難しいということが理由としてあげられるからです。
あまりにも安価であったり、支払方法に疑問を感じたりした場合は購入を見送るということも大切です。
個人輸入に不安がある方は、ジェネリックを含めザイザルは通販することができるという一つの手段として覚えておく程度に留めておくといいでしょう。

関連記事
意外と知らないアレルギーのメカニズム

アレルギーと聞くとアトピー性皮膚炎や気管支喘息などを思い浮かべますが、花粉症も含まれますし、蜂に刺されて起こる症状もその中に入ります。人間は、体の中に異物が侵入するとその異物に対して防衛反応が起こり、排除しようと試みます。この反応は生きていくうえでとても大切なことで、この防衛反応によって生命は維持さ...

2020年05月26日
副作用が怖いならクラリチンを選びましょう

第二世代抗ヒスタミン薬の中で最も副作用が少ないのは、クラリチンです。クラリチンはロラタジンが主成分となっている薬で、ドライシロップ状のものもあります。ロラタジンは、他抗のヒスタミン薬と同じようにアレルギー性鼻炎や湿疹、蕁麻疹に効果があります。副作用が少ない分長くゆっくりとした効き目が特徴です。服用後...

2020年04月17日
アレグラは眠くなりにくいアレルギー薬の救世主!

花粉症の治療は抗ヒスタミン薬などのアレルギー治療薬を用いて対症療法を行っていくか、免疫了承を行い、根治療法を行うかの2つの選択肢があります。対症療法は、いわゆる薬物治療とも言われており、内服薬や点鼻薬、点眼薬といったものを用いて治療していきます。。薬物療法には、抗ヒスタミン薬や抗ロイコトリエン薬、鼻...

2020年02月13日
ポララミンは運転前に飲むのが危険な抗ヒスタミン薬

花粉症などのアレルギーを発症した場合、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬を使用して治療を行っていきます。抗アレルギー薬は予防的効果があり、初期治療に向いているのですが、すでに症状が起きている場合は、抗アレルギー薬を使用しても効果を得ることができず、即効性はありません。ですが、副作用が少ないので、長期使用...

2020年03月23日
副作用で太る?アレロックの服用には注意

アレロックはオロパタジン塩酸塩が主成分の薬で、淡い黄色をした錠剤です。顆粒タイプもあり、どちらも効果の出方や強さは同じです。アレロックも第二世代抗ヒスタミン薬の仲間で、オロパタジン塩酸塩の作用によってアレルギー性鼻炎や蕁麻疹、皮膚疾患にともなう皮膚のかゆみに効果を示します。アレロックは、朝と就寝前の...

2020年03月03日
ザイザルシロップは小児でも安心して使用できます

第二世代抗ヒスタミン薬は、副作用が少なくそれでいて効果が出やすい薬です。第二世代抗ヒスタミン薬にもさまざまなものがあり、効果が高いものから緩やかな効き目ながらも持続時間は長いものなどがあります。効き目の強さと副作用のバランスが良いのがザイザルです。ザイザルは細長い小さな錠剤なのですが、ドライシロップ...

2020年01月10日
ザイザル服用の際はアナフィラキシーショックに気を付けて!

ザイザルには、眠気と頭痛、口の渇きや吐き気といった副作用が起こることがあります。そしてきわめてまれながら、健忘や幻覚、無力症や攻撃性のアップ、失神と人格にかかわることが起こる可能性が高いです。一番危険な副作用には、アナフィラキシーショックや呼吸困難、意識障害があり、最悪の場合死に至ることもあります。...

2019年12月30日